阪神住建のキングマンションシリーズ

阪神住建は、不動産、アミューズメント、ホテル、スポーツ関連企業など様々な分野で事業を展開している会社です。阪神住建では新卒採用を行っており、2017年度は6名、2018年度は5名、2019年度は6名採用した実績があるようです。
そんな阪神住建が手掛けている分譲マンション「キングマンションシリーズ」について見ていきましょう。

「キングマンションシリーズ」は、「都市をキーワードに豊かな生活環境を提供する」をテーマに企画・開発・管理されているようです。一人ひとりの豊かな生活が、社会全体の真の豊かさを形成する基礎になると信じて、快適で住みやすく、インスピレーションに満ちた暮らしを提案してくれるといいます。
「キングマンションシリーズ」は、一般的な年収で購入しやすい価格帯に設定されているそう。信頼のセキュリティ、満足できる居住性、高い資産価値と、妥協することなくあらゆる面を実現するために、阪神住建が用地の取得をはじめ、企画、設計、施工、販売、メンテナンスに至るまで一貫して手掛けた分譲マンションです。
また、地域特有の個性を把握し、その街の特徴をリサーチした上で正確に認識することが、地域の特性を活かしたより良い住まいづくりには欠かせないという考えのようです。

このような信念に基づいて作り上げてきた「キングマンションシリーズ」は、現在大阪市内では約8000戸が立ち並び、この実績が大阪の街を理想の形に発展させていく一員であるという、阪神住建のプライドとなっているようです。

阪神住建はいつでも柔軟な発想を持ち、新たなアイディアを模索し続けているといいます。アイディアを集結させた結果、先進的に取り組んだ地上40階以上のマンション建設、床暖房の標準装備、キッチンなどの住宅設備のメーカーセレクトプラン、高層マンションにおける無料自走式駐車場の100%確保などに至ったということでしょう。さらに、キャンピングカーやクルーザー付きのマンションなど、住まう人のニーズに応えたマンションの供給、これらのマンションの関西初のシリーズ化に行き着いたようです。ユニークで新しい試みの数々、飽くなき挑戦の結果、様々なアイディアが実現したということでしょう。

都市で生活する人々が本当に求めているものはなにか?という疑問の答えを見つけるべく、阪神住建はマンション開発というフィールドで、様々な角度からの挑戦を続けているといいます。快適な住まいを提供する仕事に従事したいという人は、阪神住建の会社説明会に参加してみてはいかがでしょうか。